バスルームの水漏れトラブルも水道修理が必要

バスルームも水漏れトラブルが起きやすい場所です。一般家庭において水道 修理が必要になるケースも珍しくなく、水漏れトラブルの種類も様々です。バスルームでは何が原因でトラブルが起こりやすいのか見ていきましょう。

■部品の劣化や破損による水漏れトラブル

水を出す蛇口はいろんな部品から成り立っています。そのため、部品が劣化したり壊れてしまったりすると水漏れのトラブルが起こりやすくなります。特に蛇口の中にあるパッキンと呼ばれるゴム製の部品は劣化によって壊れることがあり、蛇口を閉じたつもりでもポタポタ水が漏れてしまうことがあります。金属と金属がつながっているところにゴム製のパッキンをはめることで水漏れを防いでいますが、パッキンが壊れてしまうと隙間ができて、そこから水漏れが発生します。
一般的にパッキンを交換すれば水漏れのトラブルは解消できますが、蛇口に合うパッキンを用意する必要があり、蛇口を解体する知識が必要になるので、自力で直すより専門業者に修理を依頼した方が確実です。

■ツーハンドルタイプの水栓から水漏れが起こる場合

こちらもゴムパッキンの劣化が水漏れトラブルの要因になっているケースがほとんどです。壊れたゴムパッキンを交換すれば状況が解消されますが、場合によってはスパウトそのものに劣化が生じている可能性もあります。こうなるとゴムパッキンの交換では改善できません。
スパウトも使い方が乱暴だったり、長年使い続けてきて劣化したりすると、壊れて水が漏れてしまいます。金属疲労による故障は、スパウトそのものをまるごと交換することが求められます。

■まとめ
バスルームの水漏れトラブルも水道 修理が必要です。部品を交換するだけなら自分でできそうな気もするでしょうが、蛇口や部品の仕組みを知らなければ、解体したあと元に戻せない可能性もあります。躊躇せず専門業者に修理を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ